パイナップルポークについて

私たちの大切なパートナー

パイナップルポークの生産者神谷さん

こちらでは、当社のブランド豚である「パイナップルポーク」の


養豚農家である神谷ファームをご紹介いたします。



神谷ファームは、先代から引き継いだ創業40年以上の農家で


現在は神谷さんご夫婦と農業大学を卒業された


息子さんの3人で運営しています。



写真は、左から息子さんの徳樹さんご夫婦と


二代目の誓男さんご夫婦、そして徳樹さんのお子さんたち。


神谷ファームは子供達の笑い声が響く幸せ溢れる場所です。






神谷ファーム

神谷ファームの所在地は、那覇空港から


南へ車で30分の糸満市(いとまんし)にあります。


糸満市は、世界で初めて!


水中メガネを生んだと言われる漁が盛んな町で、


今でも漁師町の気質が色濃く残り、旧暦行事に関わる


祭りや沢山の伝統が今でも日常で見られる町です。


そんな漁師町の海風が吹き、


緑あふれる美しい景観の中に


神谷ファームはあります。






神谷ファーム代表 神谷さん

二代目の神谷誓男さん。


この道30年以上の神谷さんですが、


最初は病気になりがちな豚に心を痛める毎日で大変でした。


それでもなんとか「安心で安全」な豚を育てたい、


強い熱意と奥様の浩子さんの支えもあって


元気で健康な豚の飼育に成功されています。






パイナップルポークの子豚

2015年には、各豚舎に空調設備を導入して


豚のストレス軽減につとめています。


また、パイナップルを飼料に加え、


海洋深層水など特殊な水を使う事で


豚の健康状態が各段に向上したそうです。

それから神谷ファームでは、


生まれて間もない子豚が快適に過ごしやすいように、


室内の温度を保つライトが入った保温室で


子豚を飼育しています。






パイナップルポークの子豚

ご紹介したように、


神谷ファームでは、「安心で安全」な豚を飼育するために、


常に豚舎の清潔を保つ工夫と


豚のストレスを軽減する環境整備に力を入れています。


緑に囲まれた立地もそうですが、


毎日の清掃や配合する飼料の状態、空調設備の強化、


そしてパイナップルポークに使用される海洋深層水など


皆様から頂く「美味しい」という言葉を一番に考え、


年中無休で飼育されています。


そんな神谷ファームと同じ気持ちで、


私達カネマサミートも


皆さまから頂く「美味しい」を一番に


これからも「安心・安全」をモットーに


お届けしてまいります。


カレンダー
  • 今日
  • 定休日


【ONLINESHOP営業時間】
ご 注 文 : 24時間受付
お問合せ: 営業時間内での対応
       (8:00~17:00)
※休業日をまたぐお問合せの対応についてはご返信が遅くなる場合もございますので、予めご了承くださいませ。


2021お歳暮・冬ギフトのご案内


         ツイッターアイコン  

ページトップへ